子どものためのピアノレッスン
〜未就学から小学生〜


個性を磨く60分レッスン
音楽を通して見つめる個性


当教室は、基本的に一対一の個人レッスンです。
生徒さんおひとりずつに即した教え方を考え、教材を選んでいます。


生徒さんと先生が真剣に向き合う時間


 ピアノの演奏を上達させるためにレッスンに通う。これは当然ですが、ピアノのレッスンを通して何を育むことができるか。それも大切なことだと考えています。
 一対一のピアノのレッスンは、生徒さんと先生が真剣に向き合う時間です。その生徒さんのためだけの特別な60分。演奏をすることだけでなく、音楽を聴いてみたり、お話をしてみたり。30分レッスンではなかなか難しいこともじっくりと。
 レッスンを通して自然に身に付く集中力やコミュニケーションの力は、いつも講師が真剣に生徒さんと接してこそ育まれるものです。


演奏することは<表現すること>


 生徒さんはおひとりずつに性格が異なります。特に子どもの場合は、その性格が学ぶ姿勢に素直に現れますね。たいへん意欲的な子もいれば、おしゃべりが得意な子、元気に動き回る子、物静かな子・・・本当にそれぞれです。
 それでもピアノのレッスンに通う以上は上達してもらいたい!そう思うのは親御さんだけでなく講師もおなじです。
 そこで講師が「これができなくてはならない」とか「この順序で学ばなければならない」と考えていると、それに合わないお子さんは、自分が演奏することになんの意思も働かなくなってしまいます。
 様々な性格に対し、時には忍耐強く接し、その子の個性をできるだけ理解してこそ、音楽本来の「表現すること」に近付くことができます。


正しいことを押し付けない


 音楽を演奏することにはイロハがあります。しかし、それを学ぶだけでは豊かな表現にはつながりません。演奏することを「楽しい」と感じるからこそ湧き出るものがある。だから、レッスンも楽しく進められるように。

もう少し詳しくレッスンの内容をお知りになりたい方は、下記のページも併せてご覧ください。


◎ ゆとりをもった個人レッスンです

◎ 叱ってうまくなるなら苦労しません

◎ 音楽的な表現を学んでください

◎ 合理的なテクニックと解釈の基礎

◎ ソルフェージュレッスンも行っています

◎ 発表会や勉強会、コンクールについて

◎ どのくらいの年齢からはじめたらいいの?

◎ 教材費やレッスン時間について


inserted by FC2 system